人気沸騰中!!「シェアハウス」について知りたい!

どんな人が「シェアハウス」に向いている???

住む場所として、シェアハウスが合う人と合わない人が存在します。生活に欠かせない「住居」選びのポイントとして、シェアハウスが合う人はどんな人か紹介します。まずは、「一人暮らしが寂しく、不安な人」です。一人で暮らす毎日がつまらないと感じたり、特に都会の場合は一人で住むのが安全面で心配で不安だという人にお勧めです。もう一つは、「交流」です。様々な職業や経歴の人と一つ屋根の下で暮らせるのはもちろん、シェアハウスによっては海外からの留学生が居ることもあります。新しい環境に触れたり、文化の交流がしたい人にはとてもお勧めです。

「シェアハウス」での生活って???

シェアハウスであっても、いたって普通に生活を送ります。職業がバラバラな人たちがシェアして暮らすことが多いので、常にみんなが一緒に行動するというわけではありません。基本的に、ほとんどのシェアハウスでは一人一人個々に部屋を持つことができます。しかし、キッチンやリビング、トイレなどは共用となっている場合がほとんどです。そのため、キッチンなどの共用スペースにいると、自然とシェアの仲間と話す機会ができ、会話が弾むことも多々あります。

「シェアハウス」に住む際に気を付けるべきこと!

とにかく、最も気を付ける点は「共用スペース」を汚さないことです。自分はまったく気にしていないことでも、ほかの人にとってはかなり気になることもあります。また、海外から来ている人がいる場合は、文化の違いで日本ではあまり良くない行動をとってしまう人がいる可能性もあります。とにかく、後に使う人のためにきれいに使うことが大事です。もう一つは、私物の管理です。共用スペースに私物を置くのは避けましょう。無くなる可能性があるのはもちろんですが、シェアハウスによってはルールに基づいて廃棄する場合もあるので気を付ける必要があります。

シェアハウスを利用すると、憧れていた場所での生活を諦めることなく一人暮らしと変わらない賃貸料金で住むことができ、人とのコミュニケーションも取ることができます。

カード選びで悩んだら…注目したい3つのポイント

よく利用するサービスと提携したカードを探そう

クレジットカードを作ろうとするとき、どのカードを選んだらいいか悩むかもしれません。口座を持っている銀行が発行しているカードを選んでもいいですし、年会費などの条件で選んでもかまいません。ここでひとつ注目してほしいのは、自分がよく利用しているサービスと提携したカードがないかどうか探してみてください。特定の交通機関・商業施設・通販サイトなどと提携したカードがあり、提携先で利用するといろいろな特典を得られます。

あえてデビットカードを使う手もあります

デビットカードをご存じでしょうか。クレジットカードとは異なり、引き落とし先の口座に入金している額だけ使用できるカードです。国際的に有名なクレジットカードのブランドを冠したデビットカードがあり、クレジットカードとほぼ同じ感覚で使用できます。口座に入金している額だけを使える点を重視して、お金の使いすぎに気をつけたい人やカード紛失時のトラブルに備えて、あえてデビットカードを選択する人もいます。クレジットカードのほうがポイント還元率が高く、分割払いもできるなどのメリットがありますので、よく比較してください。

入会キャンペーンをうまく活用しよう

原則として、クレジットカードの申し込みはいつでもできます。しかし、商業施設がオープンしたときや、就職・進学が多い4月ごろは入会キャンペーンが開催される場合もあるので情報をチェックしてみてください。キャンペーンを利用して入会すると、キャッシュバックや料金の割引などの特典を得られます。ただし、特典に魅力を感じてカードを作りすぎると、年会費などの負担が重くなってしまうので注意が必要です。カードが増えたときには、あまり使わないカードの解約も検討してください。

決済代行を導入すれば売り上げなどの管理も一元で行えるので業務の効率化を図ることが可能になっています。

渋滞を避ける!?目的地近くでレンタカーを使用する

今の日本は自動車社会

遠い場所に旅行に行くときには車で行くのは便利です。しかし反面、自動車文化となっている日本では、どこに行くにも自動車で行こうとする人もが多く、目的地までの経路において多くの渋滞が発生しています。そのために自由に移動ができる自動車であってもまったく前進できなくて、また高速道路のパーキングも混雑していてゆっくりとできる状況でもなくトイレも人で混雑しています。そのようなことを考えるとせめて目的地まではスムーズに移動したいと考える人が多いです。

大きな移動は公共交通機関で

そのため最近では遠くに移動する場合には、目的地の近くまではJRなどといった公共交通機関を利用する人が多いです。JRであれば目的地までの経路において渋滞することがなく、スムーズに移動することができます。特には混雑する場合もありますが、移動において時間がかかることはなく、また遠くの移動であれば指定席などを利用すれば座って快適に移動することができます。また好きなときにある程度自由にトイレにもいくことができます。

都合のいいレンタカーの使い方

そして目的地の近くまで移動した後は、レンタカーを借りて目的地まで移動するのです。途中の渋滞を避けることができて、またレンタカーを利用することで目的地近辺では自由に移動することができます。また場合によっては、レンタカーで戻ってくることも可能です。全国各地に支店を持っているレンタカー会社であれば可能です。そのため、渋滞が発生していない場合にはレンタカーを利用することで、複数人で旅行しているケースではレンタカーを使用することで安上がりになることも多いです。

車の所有は維持費がかかります。けれど、レンタカーを長期で申し込めば、コスト削減を実現できますからおすすめです。