どうやって買えばいい!?失敗しないフォークリフトの選び方

ランニングコスト重視するならバッテリー式

フォークリフトを導入する際にランニングコストを重視する場合にはバッテリー式の物を選択するのが一番です。バッテリー式のフォークリフトの場合は電力で動くため、年間の維持費を低くできます。エンジン車よりも初期費用が少々高いですが、その後の維持費用が格段と安いのでランニングコストで選ぶのならバッテリー式をチョイスしましょう。バッテリー式は一度の充電で10時間程使えるので作業が長い場合でも安心して使えます。

出力重視するならエンジン式

バッテリー式の場合はランニングコストが安いというメリットがありますが、持ち上げられる重量に限りがあります。そのためパワーの出力を重視するならエンジン式を選ぶのが良いでしょう。エンジン式の場合ならどんなに思い荷物もらくらく持ち上げてくれるので物流の現場から倉庫まで幅広いシーンで活躍します。またエンジン式の場合にはエネルギーが切れても燃料を入れればすぐに動くという利点があります。パワー重視なら断然エンジン式です。

安く買うなら中古が一番

フォークリフトを安く買うなら中古で買ってみましょう。中古の場合には新品よりも数割安く買うことができるので初期費用を最大限に下げられます。中古のフォークリフトの場合は程度によっても価格が違います。新車同様で前のオーナーが使わなかった物ならば高く、少々使い込まれており使用感のあるものならば安く提供されています。ですから長く使う場合には新車に近いものを選ぶのもよいでしょう。フォークリフトや乗用車同様中古でも購入できます。

荷物の出し入れを効率的に行うために用いられるフォークリフトは用途に応じてサイズや形状が異なるのが特徴です。一般的に取り扱う荷物が重くなるほど車両のサイズも大型化する傾向があります。