プライバシーをしっかり守りながら楽しい生活

プライバシーと個人情報

平成17年に施行された個人情報保護法、これは個人情報の保護に関する法律、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律及び各地方公共団体において制定される個人情報保護条例からなっていますが、急にその頃からプライバシー保護の名の下に、様々な規制が強くなったと感じている方も多いかと思います。しかし、本当は生活の上で窮屈な思いをさせるのが目的ではないのです。

仲間とのつながりが希薄になった?

個人情報をしっかりと管理するのは大切なことですが、個人情報を集めてはいけないとか共有するのはいけないという行きすぎた解釈をしてしまうと、すごく活動がし難くなります。例えば、学校のクラスや趣味のサークルで連絡を取り合うための名簿を作ろうとしても、プラーバシーの保護を盾に名簿作成に反対という事になってしまうと、非常に苦労します。名簿に関して言えば、お互いに必要最小限の情報を共有することに同意すれば問題ないのです。

プライバシーを守る個人情報の共有方法

個人情報は適切に管理すれば、プライバシーを侵すものではなく、個人の利益につながることが多いものです。医療機関のカルテなどがその際たるものでしょう。正しく利用されるべき故人情報が別の目的を持つ人の手に渡り、それにより情報を悪用されることが問題なのです。個人情報は扱う人を限定し、利用可能な場所、閲覧可能な範囲をしっかりと定めることで情報共有によるリスクは最小限にとどめることが出来ます。悪意を持って販売を含む漏洩がなされないように、管理する人の人選もしっかりとしておいた方がよいでしょう。

機密文書の処理に専門業者を利用するのは企業において必須とも言えますが、専門業者ごとに処理方法や処理機材、料金や信頼性などが大きく異なります。委託後に後悔しないためにもしっかりと比較検討を行いましょう。