会場準備は、さらにその前準備が必要です!

やりたいことのイメージが広がる前段階

展示会を運営する場合、まずは展示する作品ありきになります。必死になって制作したり、探し回ったり、協力して仕上げたり、やり方は様々ですが、作品の数を揃えることが大前提ですね。そこからは、どうやって展示するのかを考えます。作品をよりよく見せるためにはどうするのか、腕の見せ所です。作品の並びやライティング、世界観やその作品の背景が伝わるような装飾など、こうしたいというイメージがたくさん湧いてくることでしょう。

いろいろな制約が明確になってくる設営前

展示会前日になると、作品の搬入やセッティングが始まります。膨らんだイメージを形にする作業はとても楽しいものです。ですが、会場の設備によってできないことや追加料金がかかることがあるのです。例えば、スポットライトの位置が固定で動かせなかったり、できると思っていたワイヤー吊りに重量制限があったりなどです。また、実際に会場入りして人の導線を考えると、設置したい場所に展示物がうまく収まらないこともよくあります。

臨機応変に対応することが必要になる会場準備

作品を集めることに掛かりきりになったり、設営イメージを図面の中だけで考えると思いもよらない制約が出てきたりするものです。前もって会場付近の人の動きや設備に関してはしっかり下調べをしておきましょう。会場の制約に合わせながら自分のイメージを形にするには、臨機応変さが必要となります。時間的制約もある搬入や会場設営時は、気持ちの面で追い詰められた状態にあることもあります。そして、不思議なもので、そういった切羽詰った状況のときこそ、素晴らしいアイデアが湧いてきたりするものなのです。

展示会の施工とは、展示会の会場手配・会場設営を行うことです。会場手配とは、展示会の規模に応じた会場を手配します。会場設営とは、展示会に必要な機材を設置します。

効率的に運用しよう!太陽光発電設備導入前の検討ポイント

太陽光発電パネルのメーカー

太陽光発電設備の中でも、最も重要なパーツは太陽電池が内蔵されている太陽光発電パネルです。太陽光発電パネルは、国内外を問わず様々なメーカーが生産しており、それぞれのメーカーで発電効率や発電形式、価格帯が異なっているので、どのメーカーのパネルを採用するかどうかを十分に検討することが重要なんです。イニシャルコストが多少高くても、発電効率が良いメーカーのパネルを選ぶことが、長期的な視野で見ると効率的に運用できますので、各メーカーの特性をよく理解しておきましょう。

太陽光発電設備の設置場所

太陽光発電設備を設置する場所は、発電効率や発電量に大きく関わってきますので、導入前にはどの場所に設置するのが最適かを検討しておくことが重要ですよ。建物の形状や構造によっては、うまく設置できないケースや、防水性が損なわれる恐れがある場所には、別途防水工事を見込んでおく必要があります。また、日照条件や日影ができる時間帯がないかどうかも、十分にシミュレーションすることが大切ですので、専門のコンサルタントや設計事務所などに検討を依頼してみましょう。

電力会社との契約単価

太陽光発電設備を導入しても、余剰電力が想定した単価で売電できなければ意味がありませんよね。太陽光発電設備を導入する前には、事前に太陽光発電で作った電力をどのくらいの単価で売電できるかをしっかりとチェックしておく必要があります。最近は売電の単価が切り下げられる方向にありますので、少しでも有利な単価で売電できるように、電力会社の動向を把握しておきましょう。売電単価は、投資効率に直接関係する重要な要素なのです。

太陽光発電の価格はソーラーパネルの料金だけでなく、パネルを取り付けるための基礎工事と補強工事の総合料金です。

おすすめサイトをご紹介!東芝の太陽光発電を詳しく調べてみた